う触治療 歯周治療
インプラント 審美治療
入れ歯 予防・PMTC
吉永デンタルクリニック
福岡県福岡市南区高宮1-6-3
フィレンツェ平尾2F(予約診療制)
Googleマップで周辺地図を見る
各種カードOK(保険外治療のみ)
<診療時間>
午前診療 9:00〜12:30
午後診療 13:30〜18:00
<休診日>木曜・日曜・祝祭日
かつての歯科治療では、小さなむし歯ができるとすぐ削って詰め物をしました。しばらくするとまたむし歯が広がって神経を取りました。またしばらくすると根っこが悪くなって抜歯となりました。そこで、悪くない両隣の歯を削ってブリッジにしました。すると今度は両隣の歯が虫歯になって…というような悪循環が多く見られました。治療すればするほど悪くなっていく、これでは良い医療と言えません。
削ってしまった歯の硬組織は再生しません。以前は削るしかなかった治療も接着歯学の進歩などにより大きく切削を行わなくても修復が可能となりました。「歯を削る量を極力少なくして、今ある歯をできるだけ残す」という考え、これをMI(Minimal Intervention※最小限の侵襲)と言います。当クリニック(吉永デンタルクリニック)はこのMIの考えを基盤に治療を行っております。


歯科には様々な治療方法がありますが、治療の基盤は「天然の歯を健全なまま守る」「むし歯になってしまった時、二度と悪くならないような処置をする」ことにあると思います。
さらに最少の侵襲で処置をおえることです。どのような治療をするにしても土台がしっかりしていないと、将来的に患者さんが大きな負担を被ってしまう事に成りかねません。「良い予防」「良い治療」「良いメンテナンス」が上手くいけば、将来的にインプラントや入れ歯をする必要など全くない場合や治療をするにしても、口腔内が良い状態でインプラントを埋入出来、治療費負担も少なくて済んだり致します。
実は以前からMI治療は存在していました。しかし、歯に詰め物をする際の接着の研究が今ほど進んでいなかったこともあり、現実には難しいものでした。さらに保険制度では削れば削るだけ点数が上がる、すなわち削らないことを目指せば歯科医院は運営が難しい状況でした。
現在でも保険治療では難しい部分もございますが、高性能の接着材料や神経の保護の技術や材料が開発され、手間とコストをかければ素晴らしいMI治療が可能となりました。長い目でみれば歯や歯周組織が保存されるのですから後々、高額費用を支払って治療をする可能性は低くなります。歯を削ることに費用を費やすのか、歯を守ることに費用を費やすのか、十分お考え頂ければと思います。もちろん、加齢による口腔の状況の変化は止めることはできませんが、その速度を限りなくゼロに近づけたいと考えています。
MI治療は やりすぎない治療 
患者様にとっても負担が少なく、将来「あの時あそこまで治療をしなければよかった」と後悔しない治療方法です
当クリニックの歯科医師「吉永剛」(院長)は、九州大学歯学部卒業後、同学部保存科で研鑽を積みました。また、副院長の「鰐石祥樹」も予防ベースの治療を基盤にMIの考えを治療基本にしています。MI治療に興味のある方やその価値をご理解頂ける方は是非、当クリニックにご来院下さい。
 
ホーム診療内容痛みの少ない治療歯科医師・衛生士紹介クリニック案内
当クリニックの考えサイトマップお問い合わせ